猫と飼い主がともに快適に暮らしていくにはいくつかの決めごとを作っていかないといけません。
それが「」です、
でも猫はわがままな動物です。
犬のように叱って覚えてくれるものではないので猫の躾ってかなり骨の折れることなんです。

最初に猫に教える躾はトイレとツメ研ぎ対策


まずは猫に覚えてもらわないといけない躾が
・トイレ
・ツメ研ぎ対策
です。

トイレの躾

猫の地れの躾は最初からカンペkぃは望まないことです。
わりと猫は簡単にトイレの躾は覚えてくれるものですが、それでも何度か祖祖はするものと覚悟しておきましょう。

まずは浅めの箱にペット用トイレの砂を入れて、猫が落ち着いてトイレができるような静かな場所に置きましょう。
意外とそんな場所にトイレを置いておくと、初めてでもちゃんとそこでオシッコしてくれる場合もあります。

猫が家に来た初日によ~く観察

猫が家に来た初日は特に猫の様子をよく観察しましょう。
床に鼻をつけてあちこちのニオイを嗅いで回ると思います。
そんなクンクン嗅いで回ていおると妙にソワソワするそぶりを見せることがあります。
そんな場合は尿意や便意をもぴょ押していることも多いので、すぐにトイレの場所に誘導しましょう。
子猫ならばすぐに抱き上げて、トイレ砂の上に優しく乗せてやるのもいいでしょう。

あるいは他の家で暮らしてきた猫ならば、そのオエで使っていたトイレ砂を少しもらっておいて、トイレ砂に混ぜてお行くのも効果があります。

ただし、猫の尿はかなり臭いが強烈です。
まめにトイレ砂は取り換えるようにしましょう。

猫のトイレの躾に参考になる動画

ツメ研ぎ対策

爪とぎは猫の本能です。
自分のニオイをつけて縄張りを示すマーキングやマーキング意味鵜もあります。
でもい、きちんとツメ研ぎ対策をきちんとしていないとあちこちで爪とぎをしていないと悲惨なことになります。
猫の爪とぎ対策ははあらかじめ爪とぎグッズを用意しておきます。そして
猫が爪とぎのそぶりを見せたなら
「ダメでしょ!」と注意して爪とぎグッズに連れて行き
「爪とぎはここでしなさい」
と前足を乗せてあげましょう。

猫の爪とぎ対策に参考になる動画①

猫の爪とぎ対策に参考になる動画②

特に猫の躾は命令口調はダメ


猫波と犬派の大きな違い
それは従順であるか?従順ではないか?
かもしれません。
もちろん猫は従順ではありあm線。
猫は制約されることが嫌いな生き物です。
「したいときに、しうたいことをする」のは野子の野生のホウン脳が残っている証拠でもありあmす。
ですから猫の躾は根気強く我慢強くやらなければならないのです。

猫波犬のように人間に媚びない!
それが大きな魅力でもあります。
ですから飼い主があれこれ規則を押しつけようとしても、まず言うことはきいてはくれないことは覚悟しておくべきです。
それは生まれた間もない子猫も大人の成猫も同じです。
でも猫が人間と一緒に暮らすことが決して嫌いではありません。
猫特有ののんびり嗜好の遺伝子は、飼い猫として食べ物や寝床を保証されてきた長い歴史が作ったものです。
飼い主に頼ることで、買主への愛情や信頼を身体全体で示してくれるでしょう。
そこをうまく利用して猫の躾は行わなければなりません。
ですから、猫の躾は命令口調はダメなのです。
猫はいくら
食べ物を与えてくれる
寝場所を与えてくれる
飼い主だといっても服従はしません。
あくまで自分のペースを最優先して生きているのです。

このことを理解していないと猫の躾に失敗します。
猫を叱って躾はできないのです。
いうことを聞かない猫に叱って躾を覚えさせようとすることは逆効果です。
叱ってばかりいる飼い主に猫は懐かなくなります。

それがますます負のスパイラルになってしまいます。
一緒に暮らす猫だからこそ
「お互い相手が嫌がったり困ったりすることはできるだけしないようにしようね」
そんな協調と歩み寄りの気持ちが大切なんです。